イラフsui

イラフsuiを 使いつくす イラフsui宿泊記④特典編

① はじめに

これまで、イラフsuiの良さについて述べてきましたが、食事・宿泊代金も含めて、決して安いホテルではありません。

せっかく伊良部島、宮古島にきたのだから、ホテルだけでなく、アクティビティもできるだけしたい!時には贅沢にイラフでディナーしたい、けど、お金がない!

そんな悩みにこたえるために、我が家も実践した、イラフsuiの特典の使い方を紹介します。

② 空港無料送迎 使えますが…

結論でいうと、オススメしません。伊良部島を含む宮古諸島はバスはありますが、本数も少なく、運行路線も限られているので、自由に観光したいと思ったときに、かなりのストレスを感じてしまいます。ホテルに籠るにしても、食事代金が高いので、結局、高くつきます。

だから、無料送迎はオススメできません!レンタカーを借りてください!

私はいつも、楽天レンタカーを、スーパーセール時に予約しています。お盆を含む繁忙期なら、3月のセールを利用してください。割引クーポンが豊富で、30,000円以上なら、10,000円引きクーポンもあります。

今回も、3,000円引きクーポンを使い、6泊7日で17,000円で借りることができました。自由に観光できたので、ストレスフリーです。

ちょっと横道逸れましたが、それでは、イラフsuiを使いつくす、特典編のスタートです!

③ チェックイン日の過ごし方

 

特典1: ウェルカムドリンク

レンタカーで、イラフsuiに着き、扉が開かれると伊良部島のエメラルドブルーの海が迎えてくれ、テンションMaxです。

ちょうどのどが渇いている頃に、ウェルカムドリンクのサービスがあります。チェックインの説明を受けながら、大人は爽やかな味わいのハーブウォーター(私は苦手だったので、ソフトドリンクを頼みました)、子どもにもソフトドリンクをいただくことができます。

特典2:ウェルカムスイーツ&フルーツ

ホテルの方から、部屋へ通されると、支配人さんの暖かいメッセージと共に、鮮やかな色のウェルカムフルーツや

スイーツが目に入ります。

ウェルカムスイーツは、ドライマンゴー、ちんすこう(紅芋・黒糖)、チョコレートで、とてもオシャレに並べられているので見ても楽しめます。

小腹もすいてきたので、ソファーに腰をかけながらおやつタイムです。

しかし、もう1つのウェルカムスイーツには手をつけません!

理由は後程にして、

内容は、季節のフルーツなのですが、8月くらいまでは、アップルマンゴーが入ります。後は甘味が強いピーチパイン、パッションフルーツでした。香りがよく、食べるのが楽しみですが、ここはおあずけです。ホテルの方にカットを頼んでおいてください。後ほどカットして綺麗に盛りつけて持ってきてくれます。

特典3:インフィニティプール・タオル利用

リゾートホテルらしく、プールがあります。利用もし放題です。イラフsuiのプールの良さは、プールに入ると、伊良部島の海がさらに身近に感じられるところです。部屋からタオルを持っていくのも面倒なのですが、プールサイドで無料で借りられますのでご安心を!5時くらいまで、おもいっきり楽しんで、次の特典を味わいます

 

特典4:マリオット会員の子ども向け アイスクリーム

マリオットホテルは、子連れに優しいホテルなので、一般会員、シルバー・ゴールド会員の子どもは6歳以下、プラチナ会員以上の子どもは12歳以下までアイスクリームがもらえます。※マリオット子ども特典は、イラフsui宿泊記②に載せておりますので、参照されてください。

季節のフルーツが 最高! イラフsui宿泊記② 朝食編

可愛らしいバンドが目印にもらえ、1泊で1人一個ずつもらえます。アイスクリームはとてもおいしく、あっという間に平らげます。

この時間の特典は、子どもにだけではありません!安心してください!大人にもあります!

特典5:シャンパンディライト

  

17:30~18:30まで、シャンパンディライトで、シャンパンなどのアルコールや、ソフトドリンクが飲み放題です。

詳しくは、宿泊記③に載せていますが、一時間で、夕日を見ながら気持ち良く酔うことができます。

この後の日程の関係で、この記事通り過ごす場合、夫婦どちらかで、飲まれてくださいね(笑)

ノンアルコールシャンパンや、ソフトドリンクも充分おいしいですよ!

 

番外編1:夕食は、伊良部そばかめか、レストラン入江へ

特典6:夕食15%オフ・18.5%ポイントバックでもよいのですがここは、あえて外出します。遠出は疲れるので伊良部島内で。私たちは「レストラン入江」が利用しやすかったです。

レストラン入江は、サウスアイランド宮古島というイラフsuiから車で10分くらいのホテルで、台風の時も営業していました。店を探すのに苦労していたので、とても助かりました。

レストラン入江のイチオシメニューは、レストラン入江名物の850円の肉野菜そばです。宮古そばに野菜炒めがのっているので、野菜不足になりがちな旅行中にも最適です。子どもとシェアできるほどボリュームも満点。私達の家族は、肉野菜そば2杯と、子ども用の宮古そば500円、計2200円で充分満足しました。

もう一つのオススメの店は、「伊良部そばかめ」です。宮古島も含めて3本の指に入る名店で、人気もとてもあります。夜まで営業していますが、人気店だからこそスープが終わったら店をしめることもあり、電話で確認をとった方がいいです。「伊良部そばかめ」のイチオシメニューは、店の名通り、「かめそば」680円(大)780円です。普通サイズでも充分大盛なので、(大)を頼まれる方はご注意下さい。ゆし豆腐・三枚肉・ソーキが入ってお得感ばっちりです。

どちらの店も3000円あればお腹一杯になります。気軽に足を運んでみてください。

特典6:全自動洗濯乾燥機・洗剤無料

食事から帰って部屋のお風呂に入ったら,洗濯物が出ます。帰って洗おうと何着も持って行くとかさばって大変です。しかし、イラフsuiでは、うれしいことに全自動洗濯乾燥機が1台無料で、洗剤も無料で使うことができます。もし、洗剤が見当たらないときもホテルの方に言うともらうことができます。乾燥機つきの洗濯機なので、洗濯・乾燥までされると四時間はまたねばなりません。そのがっかり度はかなりのものです。

繁忙期はこの1台の争奪戦になります。だから繁忙期には、「乾燥は他のお客さんが洗濯機を使えないので遠慮する」ということをホテル側に名言してもらいたいものです。

ちなみに、オシャレな部屋で、洗濯物を干すところがないので、100均等で物干しロープを買って持参してください。それに部屋のハンガーで干すとよいと思います。小物も洗濯したい場合はピンチハンガーも100均にありますので合わせてご持参下さい。

 

特典7:マリオットプラチナ会員以上は冷蔵庫の飲み物全て無料、それ以外の方もミネラルウォ-ター無料

寝る前に、気持ちよく1杯いきたくなるところですが、イラフsuiではラウンジが無い代わりにプラチナ会員以上は、冷蔵庫の中のドリンクがすべて無料です。ドリンクはすべて2缶ずつで、種類は

オリオンビール、宮古島のしあわせマンゴー、山﨑の水(炭酸水)、ペプシコーラ、カロリーゼロペプシ、7up、伊右衛門

です。しかも、何とおかわり自由でフロントに連絡すると、おかわりを持ってきてくれます。何度も言いますが、おかわり自由です。しかし私はあまり頼めませんでした。私のように頼みずらい方は、清掃・ターンダウンサービスのときに飲んだ分だけ冷蔵庫の中が補充されるので安心してください。

大人はオリオンビール・子どもたちは宮古島の幸せマンゴーで一家で晩酌をした後、2日目にそなえて早めに寝ましょう。

 

④ 2日目の過ごし方

朝食は、ウェルカムフルーツ&コーヒーで

2日目の朝は早起きです。6時には起き、朝食です。1日目にカットしてもらったウェルカムフルーツの出番です。

ネスプレッソのカプセルがありますので、コーヒーを一緒にいただきます。

何で、朝食付きなのに食べないかって・・・、理由は後ほど。

アップルマンゴーやピーチパインの甘さといったら、もういうことありません。パッションフルーツも爽やかで目覚めには丁度良かったです。

食後は、宮古島のビーチに出かける準備をしましょう。浮き輪やシュノーケルセットなど大抵の物は借りられますが、持参した方がお得です。

早めの昼食は、ホテルの朝食を利用

イラフsuiの朝食は10:30まで利用することができるので、ギリギリまで後伸ばしをして9:30頃から行きます。そして、ハーフビュッフェの物を楽しみながら1時間しっかり食べます。

ここで、しっかり食べると5時くらいまではお腹はすきませんでした。小腹がすくことが予想される方はコンビニでおにぎりやおやつを買って行ってもよいでしょう。

 

早めの昼食後はビーチへ!

 

10:30になったらすぐにビーチへ向かいます。自宅から保冷バッグなどを持参して、冷蔵庫から飲み物を持って行きましょう。ミネラルウォ-ターがいちばん役立つので、無ければもらってから海へ出かけましょう。

私たちは子連れでシュノーケリングがしたかったので、新城海岸と吉野海岸に行きました。どちらの海岸も、海の綺麗さやサンゴの多さで魚がたくさん見ることができるのでオススメです。

どちらのビーチでも食事を現地調達は可能なのですが、繁忙期にはかなり並ぶので、コンビニなどで買って持参がオススメです。ビーチでは、するりと入るそうめんや、おにぎりが喜ばれました。綺麗な海を守るためにゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

ちょっと寄り道して、新鮮マンゴーを購入しましょう

宮古島は日本有数のマンゴーの産地です。8月くらいまでは店にもたくさん並びます。生産地だからこそ、日焼けした物や、少し形の不揃いな物が安価で売られています。

特に、「あたらす市場」と「ワイド-市場」が有名で品揃えも豊富です。

私も食べてみたく、1個1000円で購入しました。少し日焼けはしていましたが色や形はよく、島外で買うと5000円以上はするのではないでしょうか。食べるのを楽しみに夕食へ向かいます。

 

番外編②:夕食も早めに、大和食堂で!

私たち家族が宮古島で一番お気に入りの店が大和食堂です。宮古そばやゴーヤチャンプルなどの郷土料理などのお店で、あっさりしているんだけどコクのあるスープでとてもおいしいです。

夜もやっていて、17:30~です。実は1度シャンパンディライト後に行こうとして19時過ぎについたら、スープがなくなったので、営業が終わっていました。だから、夕方の開店前、17時20分頃には着き、並んで待っておくと万全と思います。

 

裏の特典:マンゴーのカットが頼めちゃった☆

マンゴーを買ってきたはよいが、うまく切れるか心配。そのとき、ウェルカムフルーツのカットされた様子が目に浮かびました。「そうだ、カットを頼みに行こう。」たくさんお話をして仲良くなったホテルの方に頼みに行くと、こころよくOKをもらい、上の写真にあるようにこんなにオシャレにカットしてくれてうれしかったです。

レストランの忙しさ次第だとは思いますが、勇気のある方はチャレンジしてみてください(笑)

補充されたビールで、あり乾杯!

部屋に帰ってみると冷蔵庫のビールが補充されています。最後の夜は思い出話をしながら一家で晩酌をしてはいかがでしょうか。私たちはカットマンゴーを贅沢なおつまみとして、幸せな時間を過ごすことができました。

 

⑤ チェックアウト日の過ごし方

最後の朝食

チェックアウト日は、最後の朝食をゆったり楽しみましょう。夫婦それぞれ違う物を頼んでシェアするのも楽しかったです。子どもメニューでは、ハンバーガーが一番コスパが高い気がしました。

 

急いでいるときは、エクスプレスチェックアウトを

つい寝過ごしたり、早い時間の出発だったりして時間の無いときには、チェックアウトにかかる時間も惜しいものです。

特にチェックアウトの11:00~12:00前後には集中することもあり、あせってしまいます。

そんな不安を解消するべく、エクスプレスチェックアウトも対応可能です。

朝食の帰りなど、早めの時間に会計だけすませれば後はカードキーを返却するだけですぐにホテルから出発できます。

日程に余裕がない方ほど利用を検討されてください。

 

日程に余裕のある方は、雪塩ミュージアムでおみあげを

宮古島の北方に有名な雪塩製塩所があります。そこに併設された雪塩ミュージアムでは、雪塩の作り方が学べたり、雪塩を使ったパンやソフトクリームが食べられたり、おみあげを買ったりできるオススメの観光スポットです。

しかも、家族や友人・同僚に買っていくとあっという間にお土産は10,000円以上になりますが、何と10,000円以上だと送料無料になります。飛行機で移動する際、大量のお土産が無いと本当に気が楽です。

お土産は雪塩ミュージアムで買いましょう。

 

⑥ おわりに

少し横道にそれましたが、イラフsui宿泊記は④の特典編をもって終わりです。

イラフsuiには初めて宿泊したのですが、一番のよさは、58室というホテルの規模もありますが、ホテルの方と家族のように接することができるところだと思います。

子どもに対してもとても暖かく接してもらって、子どもたちもなついていました。私にとっては「ホーム」のホテルとなったので、また来年の夏も予約しました。

これからも、イラフsuiのよさをみなさんに伝えていき、よさを共有していきたいと思います。

長文ですが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

イラフsuiの宿泊には、SPGアメックスカードの利用が相性抜群です!

話題沸騰! 年会費3万超の SPGアメックスカード 人気が落ちない理由

SPGアメックスのパワーで、総額130万円超!夢のスイートルームステイを実現!

総額130万円超!アップグレードで夢のステイを実現☆イラフsui宿泊記①夢のアップグレード編

以下の、フォームから、知りたい情報等をお問い合わせください。

    ※こちらの紹介制度はアメックスの規約に基づいており、個人情報等が知られることは一切ありませんのでご安心ください。

    クリックして頂けますと幸いです。
    にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
    <にほんブログ村

    -イラフsui
    -

    © 2021 子連れ旅行の味方 コヅレンジャー